引越準備に役立つやることリスト

引越費用を半額にする方法 

ポイント

引越し準備の中で、
「一番最初にやること」「一番大事なこと」は何でしょうか?

それは複数の業者の見積もりを取ることです!

一括見積もり

1分で一括見積もり



 

家族引越しで52%OFF!
家族3人分で14万円の見積もりが、最終的には6万8千円まで安くなりました!


 

単身引越しで47%OFF!
A社で6万円の見積もりがS社で3万2千円に!

【業者から無料で貰えるモノ】

  1. 業者オリジナルのやることリスト(便利!)
  2. ダンボール
  3. ガムテープ
  4. 食器を包むシート
  5. ふとん袋

 

 

引越しやることリスト

1(1)業者を決めよう!

(1−1)基礎知識

方法を決めよう

自分でやるか?プロに任すか?

閑散期・繁忙期を考えよう

特に3月の料金は高い

午前便・午後便の違い

午後割り引きがある業者も!

業者は会社と人を見て選ぶ

専門業者がお勧め

無料サービス・特典を比較

ダンボール以外ではお米なども!

訪問見積もりは絶対に必要?

安くしたいなら必須です

(1−2)選び方

業者への見積もり(超厳選!)

安くて丁寧!新築でも安心

単身の見積り相場

2トンショートのトラックでOK

女性の一人暮らしはディースパック

作業員が全て女性

料金・費用の値引き交渉術

複数のノウハウを活用しましょう

アリさんマークの引越社 体験記

正社員のみがポイント

即日・明日・深夜にも対応

急ぎの方はこちら

(1−3)よくあるトラブル

エアコンの引越し

ホースの延長料金に注意

お金が足りない時は?

キャンセル料より安い引越ローン

見積もり開始

2(2)1ヶ月前から行うこと

(2−1)住居・学校

管理人に退居を知らせる

遅れると二重家賃の可能性

幼稚園の転園・学校の転校

子供がいる場合

(2−2)電気・水道・ガス・電話など

新電話番号の取得

NTTへ連絡

光熱関係の閉栓

立合いが必要なケースも

 

3(3)3週間くらい前を目安に!

(3−1)荷物を少なくする(処分・売却)

ゴミの日と捨て方

ドンドン捨てよう

不用品(本,CD,ブランド物,家具)

売って引越し代を稼ごう

車やバイク

乗らないなら売るチャンス

ピアノ

弾かない楽器も売却

(3−2)荷造り・梱包

荷作りに必要な道具

段ボール、ガムテなど

荷造りの順番

荷造りは計画的に!

ダンボールの扱い方

重すぎNGです

ハウスクリーニング

敷金が多く返ってくる

荷造り頑張ろう

4(4)2週間前から行うこと

(4−1)郵便局・役所(2週間前から受付可)

郵便物の転送

郵便局の便利なサービス

転出届(転出証明書)

健康保険、年金、手当もまとめて

 

5(5)前日

(5−1)明日へ向けての最終確認

荷造り・梱包の注意点

洗濯機の水抜き等

貴重品

手荷物バックで管理

 

6(6)当日

(6−1)旧居での作業

業者が到着する前の予定

食事は必ず済ませておこう

スタッフが荷物を搬出している間

基本的にはプロにお任せ

最後の掃除

掃除機を残しておくと便利

立合い・鍵の返却

ガスや管理人などと一緒に

(6−2)新居での作業

荷降ろし前の挨拶

余裕があればでOK

住む前の部屋の状態チェック

大きな傷や汚れがないか?

荷降ろしの際の注意点

指示出しが大事です

ガスの開栓

立合いが必要なもの

 

7(7)引越し後14日以内

(7−1)荷解きしながら新居に慣れる

荷解きのコツ

後回しにせずコツコツと

挨拶回り

可能ならやる方が良いですね

新しい土地でのゴミ出しルール

収集場所や曜日確認

マンションやアパートの利用規約

騒音やベランダなどのルール

(7−2)住所などの変更手続き

住民票転入届

14日以内に提出しましょう

運転免許証

身分証明証としても使うので必須

各種支払の変更手続き

クレジットカード、口座、携帯など

 

引越料金には定価がないので、最初は必ず値段を高く言われてしまいます。
逆に、二社以上で比較するとあっさりと値引きしてくれます!

 

引越しはやることやれば必ず安くできるので、絶対に比較しましょう。

見積もり比較して引越費用を半額にする方法はこちら!