新居に住んで14日以内に転入届を提出

住民票転入届(14日以内)

引越し後、新居に住み始めてから14日以内に、新しく暮らすことになった市区町村の役所に出向き転入届を提出する必要があります。

 

14日以内というのは、意外とすぐに経ってしまいますので、なるべく早めに都合をつけて行くようにしましょう。

 

転入届は14日以内

 

転入届を提出する際に必要なものは、

となります。

 

転出証明書は、旧居の役所で「転出届け」を提出した時にもらった書類のことですね。
きちんと保管されていますでしょうか。

 

この転入届を提出することにより、あなたの住民票を移す作業は完了となります。

 

本人が行けない時は委任状が必要!

ご家庭やお仕事の事情で引越しをした本人が役所に出向けないこともあると思います。
その時は代理の方が行くことも可能ですが「委任状」というものが必要になります。

 

委任状の書き方は、管轄のお役所ホームページをみれば、大体、例が掲載されています。

 

もし見つからない場合は、例が掲載されている他の管轄のホームページを見ても参考になると思います。

 

代理の方が行かれる場合は、必ず事前に必要なものを確認し、二度手間にならないように注意してください。

 

また、以下の手続きは自営業やフリーランスの方など必要な方が行う手続きとなります。
転入届けの提出と一緒に行ってしまいましょう。

 

国民健康保険の加入手続き

自営業やフリーランスの方など国保の方は、国民健康保険の加入手続きも転入届けと一緒に行ってしまいます。

 

口頭で伝えれば、一緒に手続きしてもらえます。

 

国保の加入手続きが終わると、その場で「国民健康保険被保険者証」を発行してもらえます。

 

この時に発行してもらうのは、有効期限が短い、いわば仮の保険証です。
後日、正式な「国民健康保険被保険者証」が郵送で届きます。

 

国民年金

国民年金の住所変更手続きも、一緒に行いましょう。
国民年金手帳を忘れずに持参していきます。

半額になる業者はこちら