運転免許証の住所変更も忘れずに!

運転免許証の住所変更

運転免許証をお持ちの方は、新居が存在する管轄内にある警察署へ行って住所を変更しておくことも大切です。

 

運転免許

 

その時には、

  • 運転免許証
  • 住民票(保険証)
  • 証明写真

を持参していきます。
住民票は、転入届を提出した時に取っておくと楽ですね。

 

また、証明写真は、警察署内にも備え付けのスピード写真機があると思いますので事前に用意しなくても問題ありません。

 

身分証明証としても便利

運転免許証というのは、車やバイクに乗るときに必要なのはもちろんのこと、身分を証明する時に何かと提示を求められるものでもあります。

 

新しい土地で新生活を始めた時には、お店の会員になる時など何かと身分証明書の提示を求められます。

 

その時に、運転免許証の住所が「旧」のままだと、受け付けてくれない場合があるのです。

 

これだけでも、相当にストレスになりますし、時間のロスにもなりますので、なるべく早く警察署に行き住所変更を行いましょう!

 

どこの警察署でも良いわけではなく、管轄の警察署に行かないと、手続きが行えませんので注意してください。

 

代替となる身分証明書

どうしても運転免許証の住所変更をしに管轄の警察署い行く余裕がない。という方は、

  • 住民票
  • 国民健康保険被保険者証(保険証)

のどちらかを、常に持参していると良いと思います。
上記のものでも、自分の身分証明書として有効です。

 

ただし、これらの書類を常に持ち歩くのは面倒なので、なるべく早く更新に行きましょう!

 

代理人でも変更できるの?

基本的には可能です!
ですが、書類に不備が無いように、必ず最寄りの警察署に電話で詳細を確認するようにしましょう。

 

【確認すること】
押印された委任状が必ず必要になると思いますから、

  • 書式・フォーマット
  • 住民票、保険証などの家族の関係性を証明できるものが必要か?
  • その他書類について

などを事前に確認しておきましょう!

 

身近な警察署の探し方

インターネットのグーグルやヤフーの検索エンジンを開いて検索すれば一発です。

 

例えば、新居の家の住所が「東京都豊島区西池袋〜」の場合は

  • 豊島区 警察署
  • 西池袋 警察署

というように検索すれば簡単に近くにある警察署の情報を見つけることができます!

半額になる業者はこちら