一括見積もりを有効に活用しよう!

引越し業者への見積もり(超厳選!)

引越業者の判断基準もわかってきたところで、次は業者に見積り依頼を出してみましょう!

 

一括見積もりをしてみよう!

 

実際に、引越し会社から見積もり金額を出してもらって、さらに態度などを参考にして、ふるいにかけていくのです。
これに関しては、利用する側である私たちが遠慮することはありません。

 

最近では、インターネットを利用して、複数の業者に一括で見積もり依頼ができるサービスが人気です。
※国民生活センターも複数の事業者から見積りを取るようにアドバイスしています(このページの一番下で詳細を解説しています!)

 

この一括依頼サービスは、メールのやり取りだけで行えるのがメリットで、電話は希望しない限りは、かかってきませんので安心してください。

 

ただ、このサービスも似たようなサイトがたくさんあり、どこに依頼を出せば良いのか迷ってしまうと思います。

 

そこで、絶対にハズレのない一括見積もりサービスの選び方としては、

  • 大手だけでなく、評判の良い中小業者まで含めて比較できる
  • お得なキャンペーンを行っていて、運が良ければ現金キャッシュバック等が当たる

の2点を押さえておけば良いと思います。

 

下記に管理人が実際に利用したオススメの1社を紹介しています!

 

管理人おすすめの「一括見積もり」と「業者」

ちなみに管理人が実際に利用した時は「引越し価格ガイド」から選んだ「アリさんマークの引越し社」が非常に良く働いてくれました。

 

アルバイトを使っておらず、正社員のマナーも他社と比べて礼儀正しかったです。
作業も丁寧なので、新築に引越しされる方にもオススメです!

 

家に来てもらう営業マンからして態度が違いますので、アリさん引越し体験記と合わせて下記から見積もりしてみてください。

一括見積もり

1分で一括見積もり



 

家族引越しで52%OFF!
家族3人分で14万円の見積もりが、最終的には6万8千円まで安くなりました!


 

単身引越しで47%OFF!
A社で6万円の見積もりがS社で3万2千円に!

「現金キャッシュバック」や「高級家電プレゼント」のキャンペーンが好評で、そちらを目当てに利用される方も非常に増えてきています!

 

 

ご利用の流れ

(1)お申込み

一括見積りサイトから申込みをすると、その直後からメールでの見積もりが行われます。

 

お申込み時に「訪問見積もり」や「電話対応」を可能にすると、早い時で最短10分ほどで、直接、電話がかかってくることもあり、非常にスピーディーに手続きが進んでいきます。

 

基本的には、最初から「訪問見積もり」をOKにして、営業さんを自分の目で判断してみることをお勧めします。

 

大手の営業担当は、その会社のイメージをそのまま表していることが多く、メールでやり取りをするよりも、直接、会って話しを聞くことが、一番の判断材料となります。
もちろん訪問してもらった方が値引き額も大きくなります。

 

(2)電話で調整

業者の営業から電話がかかってきたら、訪問見積もりの日時などをスケジュール調整することになります。
可能でしたら、善は急げで、その日のうちに呼んでしまいましょう。

 

何件かの業者から連絡が来ると思うので、バッティングしないように2時間間隔くらいで訪問見積もりに来てもらうようにしましょう!

 

(3)訪問見積もり

実際に、営業の方が、見積もりのために家にやってくると、

  • 作業内容
  • 引越し日の打ち合わせ
  • 料金の説明

を丁寧にしてくれると思います。

 

その際に必ず「値引き交渉」を行い、

  1. 金額や作業内容に満足したらその業者に決めて、
  2. もし不安な点を感じたら保留にして次の業者と交渉する。

という流れで進めていきましょう!

 

一括見積りは、現金キャッシュバックキャンペーンなどの特典があるサイトがお勧めです。

 

 

引越しでトラブルを防ぐために相見積もりを!

平成26年2月20日に発表された独立行政法人国民生活センターの報道発表資料の中で、引越しトラブルに遭わない為の「消費者へのアドバイス」が掲載されていました。

 

下記に資料の一部を抜粋して紹介したいと思います。

 

消費者へのアドバイス

 

上記の資料は少し難しい言葉も使われているので要約していきたいと思います。

 

(1)引越しサービスを提供できるのは営業の許可を得ている業者だけ

引越し業者の中には、無認可や無許可で営業しているところもあります。

 

経営の許可を得ている業者は、

  • 一般貨物自動車運送事業
  • 貨物軽自動車運送事業

の届け出を行っています。

 

私たち消費者が認可と無認可の業者を見分ける方法は、見積書(標準引越運送約款)をチェックすることです。

 

見積書には「一般貨物自動車運送事業の許可番号の記載欄」があるので、そこにきちんと番号が書かれているかどうかを契約前にチェックしましょう!

 

(2)複数の事業者から相見積もりを取りましょう

引越し業者一社だけに見積もりを取るのではなくて、複数の業者にお願いして相見積もりを取りましょう。

 

その理由は価格を安くすることもありますが、

  • 荷物をきちんと運搬してくれる体制が整っているか?
  • サービスの内容について

など、十分に比較検討することが大切です。

 

(3)ダンボールを受け取るのは契約後

複数の業者と値段交渉している間に、業者から無料のダンボールやガムテープなどの備品を受け取ってしまうと、返送を巡ってトラブルになる事例が多いです。

 

業者は契約を決める為にも、無理にダンボールを渡そうとしてくるとは思いますが、契約を締結する前は丁寧にお断りしておきましょう!

 

以上が、引っ越しサービスに関するトラブルを防ぐ為の要約でした。

半額になる業者はこちら