トップ >  引越し業者の選び方

エアコンの引越し

管理人が実際に体験して、心から良いと思った引越し業者の厳選1社はココ!

エアコンの引越し料金の相場

エアコンの引っ越し 何かとお金がかかる引越しにおいて、
エアコンの移動代金は、とても重荷になってきます。

また、エアコンは買い替えるから「今使っているやつは捨ててしまおう」と、
お考えの方もいるかと思いますが、その場合も「処分費用(廃棄費用の相場は5千円)」が必要になってきます。

とにかく、頭を悩ませるエアコンの引越しですが、
まずは「引越し業者のオプションで頼む場合」と「エアコン専門業者にお願いする場合」
の相場料金をチェックしてみましょう。

引越し業者のオプション料金

大手なら大体3つのコースを用意しています。
今回は代表して「アリさんマークの引越社」と「サカイ引越しセンター」を参考にしたいと思います。

  1. 基本工事:1万~1万2千円(当日に追加費用のリスク高)
  2. スーパーパック:1万9千円~2万1千円(追加費用分も込み)
  3. 化粧カバーまで取付:2万3千円~2万5千円(追加費用分も込み)

基本工事というのは、後半部分でも説明していますが、単純な取り外しと取り付け作業だけのコースで、ホースの延長などが発生すると、いちいち追加料金が発生してしまいます。

ですから、追加費用まで込みの「スーパーパック」という真ん中のコースをお願いするとして、
料金は2万円前後をみておきましょう。

専門業者にお願いする場合

こちらも業者によりけりなところはありますが、こちらも大体「2万円前後」というところが多いです。

値段的には同じくらいですが、引越しついでにエアコンも移動するのでしたら、別途に他の業者に頼むより、一緒に引越し業者にお願いした方が手続き等は簡単になります。

エアコンだけの移動でしたら、専門の方にお願いした方が話が早いと思います。

ちなみに、引越し業者もエアコンに関しては、外部に委託していますので、技術的なところは本職の専門の方がやってくれるので心配いりません。

基本工事コースの落とし穴

先ほども少し説明しましたが、大手の引越し業者は、エアコンの引越しコースの中に、
一番値段の安い「基本工事コース(作業内容は取り外しと取り付けのみ)」というものを用意しています。

相場が2万円なので「これは安い!」ということになるのですが、このコースは危険がいっぱいです。
「当日に追加料金が発生しやすい(ほぼ発生してしまう)」という罠が潜んでいるのです。

なぜなら、エアコンの取り外しと取り付け時には、

  • ホース(パイプ)の交換、延長
  • ガスの補充

が、ほとんどの場合で発生することになるにも関わらず、
基本工事コースには、その料金が含まれていないからです。

他にも、コンセントの形状変更が必要だったり、
特別な工事が必要になったりという可能性もあります。

例えば、パイプは1メールにつき2,000円程度で5Mほど、ガスの補充で1万円弱かかった場合、
それだけでも、あれよあれよと追加料金が2万円~3万円ということになってしまいます。

引越しに慣れていない方は、まさかそんなに追加費用がかかるとは思いませんから、
追加費用分まで含まれている2万円の「スーパーパック」ではなく、
1万円の基本工事コースを選んでしまいまいがちです。

そして、当日になって追加費用を3万円も要求されて、
基本料金と合わせて4万円になったりというトラブルが発生してしまいます。

しかも、当日には絶対にコース変更は認めてくれません。

ですから、結果的に古いエアコンを、高値で引っ越すくらいなら、新しく購入した方が良かった。
なんてことにもなりかねません。

かくいう、私もトラブルに遭ったひとりです。

トラブル体験談

私が始めて引越し業者にお願いして引っ越しをした時のことです。

5年ほど使っているエアコンを持っていこうか、買い替えしようか迷っていたところ、
業者の方で、1万円で持っていってくれるということでしたので、
「買い替えよりかなり安く済む!(ラッキー)」
と思ってお願いしました。

移動時のガスの補充やパイプの説明も受けましたが、
業者の方もあっさり説明してましたし、
費用が発生することはレアケースだと思いました。

そして、引っ越し日の当日ではなくて、
その翌日にスケジューリングされた、エアコン取り付け日にトラブルは起こりました。

担当の専門業者が取り付けの際に見積もった追加料金が、
3万8千円という驚きの金額だったのです。

既に、基本工事の料金として事前に1万円を支払っていますから、
合計で4万8千円です。

新品でエアコンを買う時の最安値の価格帯にまで届く金額にまでなってしまったのです。

私は、その金額を聞いた瞬間から、怒りのスイッチが入ってしまい、
専門業者の方には、少し待ってもらって、引越し会社に電話をしました。

「こんな金額になるなんてありえない。どうにかしてください。」
と交渉したのですが、
引越し会社の担当者は、事前にきちんと説明したの一点張りで、まったく譲歩もしてくれないのです。

そして、20~30分くらいラチの開かない話し合いが続き、
結局は、専門業者の見積もり金額どおりに、こちらが支払うことになり、
大変、悔しい思いをしました。

私としては、エアコンの移動は、そういう金額になる可能性があるということを、
引越し会社が、しっかりと説明する義務があったはずだと今でも思っています。

 

ですから、皆さんがエアコンの引越しをする際には、
業者に、追加に発生する費用のことを、しっかりと確認するのはもちろんのこと、
仮に「一番安いコースでも大丈夫そう」と思ったとしても、
安全策を取って追加料金なしのオプションパックを活用することをお勧めします。

新品を購入できる金額で、古いものを移動することは本当にむなしさだけが残ってしまいますから。

余計に増えてしまう1万円の分は、一括見積もりを活用することで、
「引越し料金」の方で値引きをして取り戻しましょう!
2社以上で比較することで、軽く1万円以上は安くなると思います。

また、当サイトで紹介している見積もりサイトからは、
追加料金込みの「スーパーパック」を用意している大手業者と連絡を取ることができますので、
ぜひご活用ください。↓↓↓ 大手も中小業者も揃うこちらがオススメです ↓↓↓

大手業者が半額以下まで値引き!

現住所の郵便番号 - 郵便番号検索
引越し先の都道府県
引越しタイプ 単身 家族 オフィス
< 引っ越し料金・費用の値引き交渉術 アリさんマークの引越し社の体験記 >

[ 引越しやることリスト(トップへ) ]