午前便、午後便、フリー便の比較

開始時間(午前便・午後便)のメリットとデメリット

業者さんに作業をお願いすると決まった場合、まず「引越し日」が決められ、次に「開始時間」が決められます。

 

一般的な大手業者さんの場合、引越し作業をスタートしてくれる時刻が決まっており、

  • 午前便:朝8時スタート
  • 午後便:14時スタートが目安

の2つに分かれています。

 

開始時間はいつ?

 

「ただ、始まる時刻が違うだけじゃないの?」
と思われることも多いこの開始時間ですが、「午前便と午後便」には、それぞれメリットとデメリットがありますので、ぜひ2つの違いを効率的に活用してください。

 

ちなみに、最初に言ってしまうと、人気があるのは、やはり朝イチ開始の「午前便」となります。

 

ただ、逆に「午後便」にすることで、料金的な値下げを期待できることもありますので、どちらのメリットを取るか?(デメリットを我慢するか?)の選択になると思います。

 

業者さんとの打ち合わせ時に、いきなり説明を受けても判断を誤ってしまいがちですので、この記事が事前情報として参考になれば幸いです。

 

午前便について

まず午前便についてですが、これは業者さんにとっても、その日一番目の作業となります。

 

業者ごとに多少の誤差はあると思いますが、一般的には開始時間はAM8時〜9時までの間に予定されます。
それでは、良い面と悪い面を見ていきましょう。

 

【メリット】
  • 開始時間がズレ込まない(朝イチで計算できる)
  • 遠距離でなければ作業終了時刻がお昼前なので、新居での荷解きに余裕がでる
  • スタッフさんの体力が消耗していない(事故率の低下)

 

【デメリット】
  • 特になし
  • 強いて言えば、後述する午後便のような値引きがないこと

となります。

 

やはり午前便の方がお得さが大きいので、同じ日であってもこちらのスケジュールの方が早く埋まってしまいます。

 

となると、業者さんとしては、遅い便にお得な点を作って、なるべく分散しようと試みるわけですね。

 

それでは、午後便にどういう利点が作られているのか見てみましょう!

 

午後便について

午後便については、業者の担当者から作業開始時間が13時〜14時くらいになると説明を受けると思います。

 

ですが、同時に「確定ではない、後ろにズレ込む可能性がある」という説明を付け加えられると思います。

 

というのも、午前便の仕事を終えたスタッフさんが、そのまま次のお家に向かうわけですので、前の案件に事故やトラブルが発生すると、その分、後ろの作業を始めるのが遅れてしまうのです。

 

そういったことを踏まえて、良い点、悪い点を確認していきましょう。

 

【メリット】
  • 午後便割引き(数千円分)がある

 

【デメリット】
  • 開始時刻が確定ではなく、ズレこむ可能性がある
  • 短距離であっても終了時刻が夕方になるので、新居での荷解きの時間が少ない(次の日、仕事だと辛い)
  • 作業員さんの体力が消耗している

となります。

 

デメリットに関しては、午前便のメリットの裏返しになっていますが、お得な点として割引きというものが出てきましたね。

 

先ほど話した、業者さんとしては早い便に注文が集中してしまうので、分散させるために作った午後便の利点というのが、「割引き」というわけですね。

 

値引き金額は数千円とありますが、私の経験上、そこまでで既にギリギリの値下げ交渉をしていた場合ですと3千円〜5千円くらいの値下げが見込めると思います。

 

もし、あまり値下げ交渉をしていない段階でしたら、もしかしたら1万円の値下げが期待できるかもしれません。

 

フリー便まで含めて考えてみる!

午前便と午後便以外にも「フリー便」というプランを用意している引越し業者もあります。
フリー便とは、日にち指定はできるけど、時間指定はできない引越しプランのことです。

 

なので、大抵は午後便が終わった後の、

  • 余った時間
  • 空いたトラック
  • 残業してお金を稼ぎたい(働きたい)スタッフ

によって、作業が行われます。

 

スタッフは通常、午前と午後合わせて2件の引越し作業を終えているので、フリー便では3件目となります。
※アルバイトスタッフの場合は2件目となることが多いです

 

フリー便のデメリット

まずデメリットから紹介します。

 

(1)時間が読めない
引越し業者が自分の家にやってくる時間が直前になるまでわからないので、とにかくスケジュールを立てられないというのが難点です。

 

さらに、午後便の後に業者が来るということは、作業開始時間が、早くても16時〜17時の夕方以降となります。

 

時間帯としては、普通で18時〜19時の間、遅い場合は20時以降の開始となることもありえるのです。

 

そうなると、作業が終わるのが22時〜24時、その後から荷解きをしなければいけないとなると非常に大変なことになります。

 

さらに厳しい状況が、その日のうちに終わらないというケースです。
距離が遠くて荷物が多い場合は、翌日に持ち越しという事態も起こり得るのが引越し業界なのです。

 

(2)スタッフが疲れてる
先ほども書いたように、スタッフによっては2件目、3件目の引越し作業となります。
当然、体力は消耗し、筋力も集中力も落ちてきています。

 

事故率は、
フリー便>午後便>午前便
の順番で高いのは間違いありません。

 

フリー便のメリットはあるの?

そんな時間的デメリットの大きいフリー便ですが、メリットは何と言っても料金が安くなるということです。

 

不便なことが多いので、上手くいけば半額まで見込めるくらいの破壊力はあります。

 

ですが通常は2〜3割引程度が相場ですので、値下げ交渉を上手にやって、半額割引を目指しましょう!

 

結局、どのプランを選べばいいの?

基本的には、新居での荷解きの大変さを考えると「午前便」を選ぶべきだと思います。

 

ただ、引越し当日は、たっぷりと時間の余裕があって、荷解きや片付けが夜中までかかっても、次の日に差し支えがないという方は、値引きが期待できる午後便を選んだ方がメリットが大きくなると思います。

 

フリー便は男の一人暮らしなどで、時間の許容度が大きい人にオススメです。
家族引越しで利用するのは、決してオススメできません!

半額になる業者はこちら