悪質な格安引越し業者の見分け方

格安業者を利用する際の注意点

テレビでCMを流していたり、知名度のある大手引越し会社さんの場合は、法律に違反している違法業者である可能性はまずありません。

 

ですが、知名度がない中小・零細の小さな業者さんの場合は、未登録だったり、金銭を要求してきたりという悪質企業の可能性がないわけでもありません。

 

それでも、良心的な中小・零細の小さな業者さんは大手よりも格安で引越しをできる!というのが魅力だと思います。

 

格安?悪質業者?

 

そこで、

  • 値段は安いけど安心できる業者さんなのか?
  • 激安を売りにした悪質会社なのか?

を見分けるための注意点をまとめてみました。

 

お見積り料が有料

引越し業者を選ぶ時には「ネット・電話・訪問」などの形でお見積りが行われますが基本的には「無料」です。

 

営業マンがわざわざ家まで来てくれる訪問見積もりであっても、お金は取られないどころか、景品をくれるところだってあるくらいなのです。

 

交通費や手間賃、下見費用として見積り料金を請求してくるところはかなり危険度が高いと言えます。

 

ダンボールを勝手に置いていく

まだこちらが「A社で引越しをする」という決断をする前から、家に、

  • ダンボール
  • ガムテープ

などの備品を置いていく業者もいます。

 

そのままその業者を利用する場合は良いのですが、もし他社で引越しをすることになった場合、A社は置いていった備品の返還を求めてきます。

 

その際に、A社が取りに来てくれたら良いのですが、郵送による返却を求めてくることが多いです。
しかも送料はこちら負担。

 

そうなった場合にはトラブルに発展しかねないので、決断前には業者から何も受け取らないようにしましょう!

 

キャンセル防止のために手付金を請求してくる

引越し業者と私たち利用者の関係は「利用者が強い」ようにできています。

 

というのも、見積りをしてもらって「お宅にお願いします」と言った後でも、引越し日の直前でなければキャンセル料も発生せずに違う会社に変更できるようになっているからです。

 

業者側が有利に話を進めるために「手付金や内金」を請求して、キャンセルされにくいようにするところもありますが、これは違法に当たります。

 

国土交通相が「標準引越運送約款」というものを定めているのですが、そこで明確に禁止されているのです。

 

一般的な会社の料金受取りのタイミングは、「引越し日の当日に訪問した時」となりますので覚えておきましょう!

 

「料金の前払い」も基本的にはありません

もしくは引越し料金の全額を前払いするように求められることもあるかもしれません。
ですが、基本的には料金は「引越し日の当日払い」となります。

 

大手、中小関わらず、当日払いとなります。

 

なので、もし引越し料金の前払いを要求された場合は、悪質な引越し業者である可能性がありますので、一旦取り引きを保留にして他の業者に切り替えるなどの判断を行った方が無難です。

 

見積書の金額と当日要求される金額が異なる

今度は、引越し費用の支払いは当日でOKだけども、訪問見積もりの時にもらった見積書に書かれている金額と異なるというケースです。

 

訪問見積もりから引越し日当日までは、半月から1ヶ月ほど空くことも多いので、正確な金額を忘れてしまったり、引越し準備中に見積書を紛失してしまう方もいるので、金額が違っても気づかない方もいるのですね。

 

大半の方は、あらかじめ見積書に書かれている金額を現金で用意していると思いますが、「当日その場で用意すればいいや」という無精の方は、「いくらでしたっけ?」などと当日悪徳業者に聞いてしまいカモにされてしまう恐れがあります。

 

当日、急な追加料金の請求がある

エアコン引越し業者ではありがちなのですが、引越し業者の場合でも稀にあるそうです。

 

訪問見積もりをする為の理由は、引越し日に必要な作業を見極め、オプション料金が発生しそうならきちんとそれを含めて見積もりをするという点にあります。

 

ですので、普通は当日には追加の費用は発生しません。
ですが、「もし支払ってもらえないなら、これ以上作業を進められません」のような理由を言ってきて、追加費用を請求してくる悪徳業者もいます。

 

トラックのナンバーが黒か緑以外

引越し会社を運営するためには陸運局で「貨物自動車運送事業者」の登録をする必要があります。

 

登録済みの正規業者のトラックはナンバーの色は、

  • 緑(一般)
  • 黒(軽自動車)

のどちらかとなります。

 

未登録のモグリの場合は、ナンバーの色が、

  • 白(一般)
  • 黄色(軽自動車)

のままになっていますので、違法企業を利用しないように注意してください。

 

運送業者賠償責任保険に加入しているか?

引越し会社の多くは「運送業者賠償責任保険」という損害保険に加入しており、万が一の荷物の破損などの場合は、こちらの保険から一品30万円まで(総額で最高1000万円程度)の保険料が支払われることになっています。

 

ですから、最悪のケースでも利用者が大きな被害にあうことは避けられるようになっているのです。

 

ですが、違法な悪質業者はもちろんそのような保険には加入していませんので、万が一のアクシデントが起こった時は利用者がほぼ泣き寝入りする可能性が高いです。

 

この保険の詳細は「パンフレット」か「引越し運送約款」に書かれていますので、引越し前に必ずチェックしておきましょう!

半額になる業者はこちら