訪問見積もりとは?

訪問見積もりは絶対に必要なの?

訪問見積りというのは、引越業者の営業さんが実際に家まで来て、運ぶ荷物を見た上で、

  • 正確な見積り
  • 値引き交渉

を行うことを言います。

 

訪問見積もりに参りました

 

正直言うと、訪問見積もりは「面倒くさそう」なので嫌いな人も多いかと思うのですが、本当にやらなければいけないものなのでしょうか?

 

格安狙いの方は絶対に必要です!

正確に言えば一括見積もり引越し予約を利用すれば、一応ネットだけでも見積りを完了させることはできます。

 

ですが、料金を値引き交渉して安くしたい方は絶対に「訪問見積もり」が必要になってきます。

 

なぜなら、

  • 実際に見てみないと正確な荷物がわからない
  • トラックのサイズが大きくなり費用が高くなる
  • 値引き交渉もできない

という理由があるからです。

 

トラックのサイズが1トン大きくなるだけで1万円料金が上がってしまいます。
訪問見積もりで正確な料金を出せないと、トラックのサイズが大きくなってしまい、単身で1万円・家族で最低2万円は高くなってしまうのです。

 

また料金の値下げ交渉ができないのも、かなり痛手です。

 

何だかんだ家まで来てもらった時の料金の1.5倍。
酷い業者の場合は2倍の費用をふっかけられてもおかしくないと心得ておいた方が良いでしょう。

 

ですから、よほどの理由がない限りは、無理をしてでも「訪問見積もり」を行うべきだと思います。

 

女性のひとり暮らしや高齢の方で、業者の担当者を家にあげるのに不安を感じる方は、例えば、どなたかに付き添ってもらって3000円分のお礼をしたとしても、それでも訪問見積りをしないよりはトータルで安く済むと思います。

 

訪問見積もり時に値下げ交渉をすれば、簡単に1万円の割引きはできてしまうからです。

 

引越し業者が訪問時にチェックしていること

また引越し業者の営業の方は、値段交渉の為だけに訪問見積もりを行うのではありません。

 

引越し当日に円滑に作業を行うが為に、周辺環境を含めてあらゆることをチェックしています。

 

トラックを停める程の道幅があるか?

新居がアパート、マンション、一軒家いずれにせよ、引越しトラックを目の前に停められると当日の作業がはかどります

 

なので、営業の方は道幅を必ず確認しています。

 

必要になる道幅は、トラックの大きさによっても異なります。
訪問見積もり時に荷物の量を確認して、トラックの大きさを頭の中にイメージしてから、道幅を確認するとより確実になるということですね。

 

当日に鍵を開ける箇所があるかどうか?

物件によっては、特に土日などの休日には、大きな入口の扉の鍵が閉まってしまうケースがあります。

 

人は通れるけど、大きな荷物の搬入ができないようというようなケースです。

 

その場合は、

  • 管理人
  • 管理会社
  • 管理組合

などに事前の許可を取っておく必要がでてきます。

 

そのような建物であるかどうか?
実際に訪問すると大体わかりますので、やはり訪問見積もりを行った方が確実なのですね。

 

しかも困ったことに、実際に住んでいる人はそのようなシステムになっていることを知らなかったりします。
ですから、電話やメールなどの確認だけでは、そういった事情が伝わってこないことが多いのですね。

 

自転車やバイクなど外に置かれている物の確認

一括見積もりサイトでは、訪問見積もり無しでも見積もりが可能です。
ですが、利用者の方だけに荷物の洗い出しをお願いすると、大体何かしらが漏れることが多いです。

 

特に、漏れがちなのが、外に置かれている

  • 自転車
  • バイク
  • 庭に置かれている物
  • 外の物置に入れられている物
  • ベランダに置きっぱなしにされている物

などです。

 

これらは訪問時に営業から質問されることで、利用者の方が思い出すケースがほとんどです。

 

ですから、営業の方が実際に訪問することには、それなりに意味と理由があるのですね。

 

2割の人が訪問なし

HOMESさんが公開しているアンケート結果によると、それでも約2割(5人に1人)の方が訪問見積りを受けずに、ネットだけで見積りを完了させて引越しをしているそうです。

 

家まで来てもらわなかった主な理由としては、

  • 忙しくて呼べる日を作れない
  • 男性の営業担当者を家にあげたくない

などがあげられていました。

 

それぞれのご家庭に事情があると思いますから、2割という数字は妥当な調査結果ではないかと思います。

 

逆を考えてみれば、残り8割という多くの方が家に呼んで、少しでも安くする努力をしているとも言えます。

 

当サイトでは、余程の特別な事情がないならば、多少、無理をしてでも訪問見積もりをすることをお勧めしています。

 

何より、その時の値下げ交渉こそが引越しの醍醐味でもあると考えているからです。

 

「口ベタ」や「交渉嫌い」という方もいるとは思いますが、失敗しても誰にも怒られることはありませんし、むしろメリットしかありませんので積極的に訪問見積りにトライしてもらいたいと思います。

 

訪問見積もりに必要な時間は?

だいたい1件1時間は確保する必要があります。

 

そして、そのまま契約するとなると、さらに書類を書いたりで、もう1時間が必要です。
ですから、余裕を持って1社2時間でスケジューリングしておくのがオススメです。

 

1日に2〜3社を呼ぶ方が効率的だと思いますが、その時にキツキツで時間調整すると、後から来る業者さんを待たせてしまったりすることになってしまいます。

 

大体の目安として9時、11時、13時、15時、17時というようなバランスで家に来てもらいましょう!

半額になる業者はこちら