主幹事会社が引越し日を管理します

新築マンションへの引越には主幹事会社がいます

先日、引越しをすることになり、新たな候補エリアの中で賃貸マンションを探していました。

 

すると不動産管理会社の方から「新築の分譲マンションの低階層(2階〜4階)部分が、賃貸用に貸し出されるので、そこはいかがですか?」とご提案頂きました。

 

新築の分だけ家賃は少し高かったですが、他の候補が全て満室であった為それを受け入れ、自分にとっても初めての新築マンション引越しを経験することとなりました!

 

しかし「新築への引越し」は、新たな知識とノウハウが必要となりました。
このページでは私が実体験の中で得た、新築物件に引越しをする際に必要となる情報を紹介していきます!

 

新築マンションへの引越し

 

情報不足を認識したキッカケ

新しいマンションを借りる為の審査に通った後に、一括見積もりを行いました。

 

すると、複数の業者の方から電話がかかってきた際に、
「新築へのお引越しおめでとうございます!(いや賃貸なんですけど・・・)
主幹事会社様はどこですか?
と必ず聞かれたのです。

 

私はその時点では主幹事会社の意味がわからなかったので、
「それってどういう意味ですか?」
と聞いたのでした。

 

すると、
「不動産管理会社さんから聞いていませんか?」
と言われてしまい、改めて不動産管理会社に電話してみると、
「アリさんが主幹事会社ですよ」
とサラッと言われてしまいました。

 

その後、なんで事前に伝えてくれないんだ!と軽く怒ったのは言うまでもありません。

 

主幹事会社の役割

新築マンションの居住開始日に、入居者が一斉に引越しをしたらどうなるでしょうか?

 

引越日が集中してしまい、

  • マンションの前
  • エレベーター

は大混乱で、引越し作業は進まなくなってしまいます。

 

その為に、一社の引越し業者がマンションからお願いされて、全住民の引越し日をスケジューリングしているのですね。

 

なので、新築マンションに引越しをする場合は、「主幹事会社という存在がいる」ということを覚えておきましょう!

 

他社に依頼する場合

仮にアリさんが主幹事だったとしても、もちろんサカイやアートを利用して引越しすることも可能です。

 

ただし、その場合は、自分たちで引越し日を決める前に、仲介の不動産管理会社などを経由して主幹事会社に連絡を取り「どの日に引越しをしてOKか?」ということを確認する必要があります。

 

そのスケジュール調整の一手間が面倒でなければ、料金が安い業者さんを利用して問題ありません。

 

新築マンションの養生はどうなってるの?

マンションやアパートの場合、

  • エントランス(玄関)
  • エレベーター
  • 各部屋

が傷つかないように養生というものが行われます。

 

共用部分の養生

 

新築マンションの場合、各住民の引越しの度にエントランスの養生を行う必要がないように、主幹事会社が養生を行ってくれます

 

入居日開始から一ヶ月間は共用スペースの養生は続けられます。

 

なので、業者さんは各部屋の養生だけを行えば良いので、作業が楽になるのです!

小さな業者でも大丈夫

中小・零細の引越し業者の場合、大きなマンションの入り口から部屋の内部までをキッチリ養生する力がありません。

 

ですが、新築の場合は共用部分は養生しっ放しになるので、小さな業者でも対応可能となります。

 

中古マンションの場合

逆に考えると、中古の大型マンションへの引越しの場合は、小さな業者さんだと養生に不安を抱えることになるということでもあります!
今後の為にも頭に入れておいた方が良いかもしれません!

 

引越し作業を主幹事会社に依頼すると便利

私が引っ越す予定の新築マンションはアリさんマークの引越社が、主幹事会社でした。

 

上でも書いたように、私は最初そのことを知らずに、引越し一括見積もりからお申込みをして、

  • アリさん
  • サカイ

などの業者から訪問見積もりを行ってもらってしまいました。

 

その後に、自分が引っ越す主幹事会社がアリさんと知って、訪問見積もりに来てくれたアリさんの担当者に折り返し電話してみました。

 

そこで面白かったのが、

  • マンションの主幹事を担当する支店
  • 一括見積もり経由で訪問見積もりに来てくれた支店

というのが異なったのです。

 

なので、話がややこしくならないように、主幹事会社を担当するアリさんの支店に直接、引越し作業もお願いしてみるのはどうかなと考えました。

 

アリさんに電話

この時点では、どこのアリさんの支店が主幹事会社となるのかわからなかったので、アリさんに電話して聞くことにしました。

 

まずは代表電話にかけると、出た担当の方に事情を説明しました。

 

すると、主幹事となる支店を教えてくれて、その支店につなげてくれました。

 

私は、

  • 他社引越し業者
  • アリさんの他支店

に依頼して連絡系統が面倒になるよりも、主幹事の支店に引越しごとお願いした方が楽だなと判断しました。

 

結局、最初に訪問見積もりに来てくれたアリさんの支店の方にはお断りして、引越し主幹事の支店に全てお任せすることにしました。

 

そうした方が、新築マンションの一斉入居だろうが、全て主幹事の会社がスケジュール調整してくれるので、すごく便利でオススメです。

 

まとめ

新築マンションへの引越しの場合は、一斉入居の為のスケジュール調整が必要です。

 

面倒な手続きをしなくて済むように、引越し作業も主幹事会社に依頼してしまいましょう!

半額になる業者はこちら