セクシーな女性からの引越し依頼

ちょっとエロい引っ越しの話

多くの人は一人暮らしの女性は用心深いと感じてらっしゃるのではないでしょうか?

 

しかし、いざ引っ越しとなると、会社名も判っている相手なので安心されるのか、異常なくらい無防備な方が意外と多いのです。

 

露出度の高いネマキを着ている

良くあるケースは、朝が意外と早いので、とてつもなく露出の高い服を着ていることです。
言ってみれば寝巻替わりのものなのでしょう。

 

露出の高い洋服

 

酷いケースになるとほとんど見えていると言う状態の場合もあります。
今時は着ている人はいないでしょうが(当時でも圧倒的少数派でしたが)、いわゆるネグリジェというものを着ている人が稀にいました。

 

これが、実に困った着衣なのです。
端的に言うと、何も隠れていない訳です。

 

着てはいても、全部が完全に透けて見えているのです。

 

それに輪をかけて、下着を着けていないケースが多々あり、朝なのに夜のムード満点になり、皆が前屈みで仕事をしなければならなくなります。

 

なかなか着替えてくれない

早く着替えて頂ければ助かるのですが、そう言う人に限って中々着替えてくれません
さらに、着替える時に我々作業員がいても平気で着替えちゃう人もいます。

 

それはもちろん男ですから、嫌な訳ではないですが、集中出来ないので「嬉し困り」と言った感じです。

 

薄着で言えば異常に布の少ないホットパンツに、お腹がほぼ出ているTシャツなんて人もいます。

 

隠してある筈の秘密のもの

一人暮らしやルームシェアで荷物が少ない人でも、全梱と言って荷物の全てを梱包まで行うコースを選択する人もいます。

 

そういう場合でも、見られたら嫌なものなどは、あらかじめご自分で所持していてくれると助かるのですが、

  • タンス
  • ベッドの棚

などは中身をそのまま運ぶと勘違いされているのか、放置しているケースが多いのです。

 

基本的に中に壊れ物などが入っていると困るので、棚やタンスは全て荷物を出して段ボールに詰めるのが鉄則です。

 

その為、考えの行き違いで見たらいけないものまで見てしまいます。
タンスを開けるので、下着などは当然のことですが、いわゆる

  • レディースコミック
  • 大人のおもちゃ

などのどぎつい物まで発見してしまいます。

 

酷いケースは洗濯機の中身が入ったままで、汚れた下着などが満載な場合です。
そういうフェチの作業員は嬉々としていましたが、個人的には出来れば触りたくないのが本音でした。

 

プライベート写真は厳しい

さらにきついのは、お客様自身のプライベート写真です。
もちろん普通の写真もありますが、ご自分のヌード写真などもある方がいて実に困ります。

 

仕事でなければ、純粋に喜ぶのでしょうが、お客様相手ですと、どうもバツが悪いのです。

 

気が付いて、すっ飛ぶようにやってきて奪い取る方も多いですが、その後のコミュ二ケーションが非常にやり辛くなって困るのです。

 

こちらとしては、何も私生活を覗き見たくてやっている訳ではないのですが、そういう風に思われているのではないかと言う不安もわきます。

 

一人暮らしの方に限らず、見られて困るものは先に片付けておきましょう。

半額になる業者はこちら