面倒なことも多い引越し作業

引っ越しに付随する面倒な?お仕事

引っ越し作業の多くは、ご自宅の荷物を積んで、新居で下ろすパターンが多いのですが、それだけではありません。

 

値段は少々お高くはなりますが「全梱・全開」と言うものがついているプランもあります。

 

全梱

全梱とは、引っ越し前日に荷物の全てを梱包することです。
お客様はお皿の一枚も箱に入れる必要がありません。

 

お客様の負担は指示のみで、それ以外は座っているだけで終わるのです。

 

全梱のお仕事

 

全開

全開は、引っ越し先で荷物を下ろした後、その荷物の全てを小物も含めて通常の生活を出来る現状復活をすることです。

 

プランは、「全梱・全開」の内のどちらかだけの場合もありますし、両方付けるパターンもあります。

 

清掃・ゴミ出しプラン

それ以外は、荷物を出した前宅の清掃プランです。
アパート、マンションなどの集合住宅の場合、原状回復をしておかないと敷金の返金に関わりますので、かなりのレベルの掃除をします。

 

また、ゴミ出しプランもあります。
引越し時に家具や家電を全て変える人もおり、そういう方の場合は2tトラック一杯のゴミが出るお宅があります。

 

そういう場合は荷物用トラックとは別に用意した「ゴミ用トラック」に乗せ、ゴミ集積所まで廃棄しに行きます。

 

掃除は微妙ですが、それ以外は上述した業務は引っ越しの一環とは言えます。

 

微妙な配線関連の作業

しかしどう考えても、引っ越しの範疇ではない仕事もあります。
それはクーラーの取り外し、取り付けなどです。
今では提携している専門業者にお任せのところが増えてきていますが、昔の特に小さな業者はそうではありませんでした。

 

電化製品の配線や、パラボラ系のアンテナの取り付け配線などもしなければなりません。
正直なところ、これは電気業の仕事だと思います。

 

専門に学んでいなければ出来ない仕事だと思いますが、やってみればそう難しいものではありません。
だからと言って、配線等のトラブルで故障したらと思うと積極的にやりたいと思う仕事ではありません。

 

陸送

また、長距離の場合、車の陸送と言う仕事もあります。
引っ越し屋にはキャリー車がないので、お客様が自身で乗っていかない限り、我々が運転して現地に持っていかないといけません。

 

しかし、長距離に耐えられるかどうかと言うギリギリの古い車もありますし、乗り心地的に長距離を走ると異常に疲れる車もあります。

 

酷い時は、長距離走行中にエンジンから煙をモウモウと噴いた車もありました。
自動車を売買する仕事の方は普通にある事なのかも知れませんが、それでも長距離陸送はないのではないでしょうか。

 

専門の方でさえしないことまで我々は求められるのです。
ただし陸送も今では専門業者と提携している場合が多いですね。

 

荷物預かり

変わったところでは、荷物を一時預かりと言う業務もあります。
その為、会社には割と巨大な倉庫があります。

 

預かる理由は様々ですが、一軒家分全てを長期にわたって預かるケースもあります。

 

そのせいで、定期的にそれらの配置換えや、清掃をしなければなりません。
中には、犯罪に抵触するような荷物もあり、見て見ぬ振りをします。

 

本当は良くない事なのでしょうが、どの道巧みに隠してあるので、基本的には他にあったとしても見付けていない物は多々あるのでしょう。

 

それら全てを気にしていたらキリがないので、無かったことにすると言うのが暗黙のルールなのです。

半額になる業者はこちら