住宅供給公社のサービスを利用する前に!

JKK(住宅供給公社)とは?

住宅供給公社とは、住宅を必要としている主に中堅所得者層の人々を対象として世帯向け住宅の供給を行っている組織のことです。

 

名前をそのまま略して『JKK』と呼ばれることも多いです。

 

JKKとは?

 

JKKを利用すると、一般の賃貸住宅サービスでマンションやアパートを賃貸するより、

  • 家賃が安い
  • 部屋のグレードが1ランクアップする
  • 礼金がない

など、のメリットが得られます。
家賃が抑え目であるにも関わらず、借りれる部屋は1ランク上だったりします。

 

実際に、私は東京都住宅供給公社(JKK 東京)を利用して、マンションを賃貸しているのですが、相場的には2LDKの賃料で3LDKの物件に住むことができました。

 

ただ、JKKが提供する住宅を借りるためには、

  • 入籍している(入籍を前提としてる)
  • 世帯年収が低すぎても高すぎても借りれない

などの審査基準が設けられています。

 

なぜ安いの?

住宅供給公社は、国の「特定優良賃貸住宅制度」を活用して、優良な物件を建設したり一部借り上げして管理しているため、国や各都道府県が住宅の建設資金を助成を行っています。

 

このために、入居者が支払う賃料は安く済むようになっているのです。

 

全国の都道府県にあるJKK

住宅供給公社は、

  • 北海道
  • 東京都
  • 沖縄県

などのように、各都道府県ごとに存在しており、それぞれの都道府県の住民をサポートしています。

 

利用規約

これは、マンションなどを賃貸する場合は当たり前のことで、どの賃貸住宅サービスを利用しても同じことですが、JKKを活用した場合にも賃貸借契約書を前提に契約が締結されることになります。

 

契約書には、

  • 家賃
  • 毎月の共益費
  • 住宅を借りる方が守る約束事
  • 退去に関する注意事項

などが書かれています。

 

上記の毎月の共益費に関してですが、JKKのマンションを借りる場合には、ほとんどの場合、家賃だけでなくて共益費というものが毎月5,000円ほどかかります。

 

これは、賃貸するマンションごとに支払い額が異なりますが、いろいろと物件を見比べた感じだと、だいたい平均すると5,000円くらいでした。

 

共益費を家賃に加算しても、支払う家賃は相場よりも安いと思いますが、一般の賃貸住宅サービスや不動産会社を利用した場合でも、マンションの場合は管理のための共益費はかかるのが普通です。

 

退去時の原状回復義務

これも、どの住宅・マンションでも同じことだと思いますが、住宅供給公社のマンション等から退去する時は、通常の生活を送ってできた傷などを除いて原状回復する義務があります。

 

原状回復義務に関しては、賃貸借契約を結ぶ前に、どのようなレベルまで回復させれば良いかを明確にした冊子をもらうことができます。

 

簡単にその内容を言ってしまうと、他のマンションと同じ一般的な原状回復の常識の範囲内ですので「特別な違いがあるのではないか?」という心配は要りませんでした。

 

我が家の場合ですと、東京住宅供給公社の方のお話では、クギの1本や画鋲を指すくらいなら、まったく問題ないそうです。

 

また、「ウォシュレットを付ける場合はどうすればいいか?」と聞いた時も、退去時にそのウォシュレットを取り外して原状回復すれば問題ないとの回答でした。

 

もし、借りていた部屋に大きな損害を出してしまった場合の修復代金は、敷金から支払われることになります。
敷金で足りない場合は、不足分を支払うが必要あります。

半額になる業者はこちら