住宅供給公社への入居までの予定

入居までのスケジュール

これから、私が「JKK 東京」を利用して、実際に住み始めるまでの体験レポートを書いていこうと思います。

 

最初に「住宅供給公社へのお申し込みから入居までの流れ」を、ざっくりと説明しておいた方がわかりやすいと思いますので、このページでまとめております。

 

スケジュール

 

【私たちの場合のスケジュールです】

  1. 7月の頭からJKKのホームページで物件探し
  2. 7月下旬に、オープンルームに出かけて、仮契約
  3. 8月中旬に審査に合格し、下旬から住み始める

物件を探し始めてからトータルで2ヶ月弱。
お申し込みをしてから住み始めるまでは、ちょうど1ヶ月という流れでした。

 

(1)物件探し

まずは、お住まいの都道府県の住宅供給公社のホームページを見て、目ぼしい物件を探しから始めましょう。

参照:物件探し(JKK編)

 

また、首都圏の希望のエリアに確実住みたい!できる限り早く入居したい!
という方は、首都圏限定の有料サービスとなりますが「公団公社・都民住宅・特優賃等の公共住宅情報サービス」が大変便利です。

 

気になる方は検索して探してみてください。

 

(2)オープンルーム・仮契約

JKKのホームページを利用して見つけた物件の中には、休日にオープンルームを開催しているものもありますので、できる限り足を運ぶようにしましょう。

 

気に入ったら、オープンルーム会場で仮契約することができます。
もし、オープンルームを実施していない場合は、住宅供給公社のホームページからお申し込みしましょう。

参照:オープンルームと仮契約

 

(3)必要書類の記入・提出

JKKにお申し込みをすると、たくさんの書類が郵送で届きます。
必要書類をそろえたり、記入したりして、なるべく早く返送しましょう。

 

提出後に審査が開始されます。

参照:必要書類の記入・提出

 

(4)審査通過後の部屋の内覧と敷金の支払い

晴れてJKKの審査に合格です!
審査通過後に、部屋を内覧できるのは1回だけになります。

 

この時に、本当にこの住宅を賃貸契約をしてよいものかのの最終チェックと、冷蔵庫や食器棚、本棚などを置くためのスペースのサイズを測っておきます。

 

また、敷金の払い込み票が届くと思いますので、入居意思が固まったら支払いましょう。

参照:最後の部屋の内覧

 

(5)契約手続き〜入居開始

賃貸契約手続きが終われば、念願の新居で暮らせます。
まだ引越し準備が残っていると思いますが、ひとまずお疲れ様です。

参照:契約から入居まで

半額になる業者はこちら