JKKのオープンルームに行こう!

オープンルームと仮契約

住宅供給公社のホームページで物件を探していると「オープンルーム(下見)を開催しているものとそうでないものがある」ということに気がつくと思います。

 

JKK東京の場合は、オープンルームを開催している物件だけを特集しているページもありました。

 

私が第一候補に挙げたマンションは運良く開催していましたので、休日に気軽に足を運んでみました。

 

体験レポート

候補のマンションに行く途中、

  • 最寄り駅の環境
  • マンションと駅の間の道の状況

などをチェックしながらオープンルーム会場に向かいました。

 

実際のマンションに付いてみると、入り口のところに「オープンルーム現地案内所」と書かれた案内紙が張ってありすぐにわかりました。

 

オープンルーム現地案内所

 

中に入ると、3人の女性がおり、挨拶がてら会話をしていると「気にいった住宅が下見をやっていること自体珍しいこと」などと説明してくれました。

 

そして、さっそく部屋を見てくることを薦められました。

 

開放されている部屋が何部屋か用意されており、各自が自由に見物して良いというルールでした。

 

早くも仮契約

私は、2パターンの部屋を見た後で「とても良いマンションだな〜」と思いながら、再び3人の女性のいる部屋に戻っていきました。

 

3人の女性に感想を伝えていると、
気に入ったら、この場で仮契約できます。先着順ですので気に入った部屋が埋まる可能性もあります」
と言われました。

 

また、
「もちろん、仮契約は後からキャンセルすることもできますし、この場で決めなくても後からホームページを見て仮契約に進むこともできる」
ということも合わせて説明してくれました。

 

私は、実際に、部屋は気に入っていましたし、そんなに部屋探しに時間をかけられない事情もあり、さっそく仮契約を済ますことにしました。

 

正直、1件しか見ていないのに、決断することには不安もありましたが、結局はそのままトントン拍子に話が進んで実際に住むに至っています。

 

周囲から「そんなにすぐに決めてしまって本当に大丈夫?」と心配されたことは、言うまでもありません。

半額になる業者はこちら