住む前に部屋の傷や汚れの状態をチェックしよう!

住む前の部屋の状態チェック

入居前の部屋の傷や汚れ、装置の故障などの状態チェックは、引越し日の前に部屋に訪れてやっておきたいところです。

 

ですが、忘れてしまったり、よく見てみないとわからない点もあるかと思いますから、遅くとも当日の荷物の搬入前までには最終的なチェックを行いましょう。

 

しかし、実際問題は、

  • 引越し業者が新居に先に着いてしまったり
  • 自分の到着後すぐに来てしまったり

してしまった場合は、入居前の部屋の状態チェックをする余裕はないと思います。

 

ですから、できるだけ引越し日の前までに、新居の傷や汚れなどの状態チェックを済ませておきましょう!

 

どのような箇所をチェックするか?

住む前の新居の状態をチェックする具体的な箇所は壁、床などの大きなキズ、汚れ、はがれなどです。

 

もし発見してしまったら、自分がやったのではなく前の住人がやったことであることを証明するために、できれば日付入りの写真を撮っておきましょう。

 

そして、すぐに管理者に連絡して通知しておきましょう。

 

敷金トラブルを防ぐ証拠品になる!

なぜ、傷や汚れなどを写真を撮って残しておくなど、探偵みたいなことをやらなければならないか?
というのは、自分がその部屋を退去する時に、自分の敷金でその傷や汚れを回復されないようにするためです。

 

自分の敷金を使われてしまったら、返ってくる敷金が少なくなってしまいます。
ですから、早めにその傷や汚れは「自分達がつけたものではない!」ということをはっきりしておくことが大切です。

 

部屋の状態をチェック

 

使用する前からあるものとわかっていれば、退居のときに修理代を支払う必要はないですし嫌な敷金トラブルを未然に防ぐことにもなります。

 

また、引越し業者さんが荷物を搬入する時についたものなら、引越し業者に補償してもらえば良いのです。

 

トラブルになる確率?

敷金トラブルになってしまう確率は、本当にケースバイケースです。

 

傷などのチェックが緩いところは、まったく問題になりませんし、逆に厳しいところもあります。

 

一つだけ、新しく住む賃貸の管理が緩いか厳しいかを判別する方法があります。
それは自分で実際に住んでみて「キレイか汚いか?」どちらに感じたか?ということです。

 

もし前の住人が付けた傷や汚れが目立つようでしたら、そこのチェックは緩いです。

 

自分も同程度でしたら、お咎めナシだと思います。
感覚論になってしまいますが、住み続ける上での参考にはなると思います。

半額になる業者はこちら