荷降ろしに当たっての注意点

荷降ろしの際の注意点

荷降ろしの際に注意することは、荷出しの時に注意することとほぼ同じです。

 

多少、手持ちぶさたになるのは仕方がないですが、引越し業者さんの作業は手伝う必要がありません

 

自分で運んでしまって、万が一にでも、

  • 家具や家電を破損してしまったり
  • または賃貸物件であるマンションやアパートのエントランスや住居の中に傷をつけてしまった場合

でも、引越し業者の補償が適用されないのです。

 

特に新築の建物に、いきなり大きなキズをつけてしまっては泣くに泣けません。
ですから、搬入作業はプロの業者さんにお任せしましょう。

 

指示を出しているだけでOK

その代わり、あなたは的確な指示を求められることになります。

 

おそらく、引越し業者は、あなたに対して、

  • この家具はどこに位置するのか?
  • このテレビはどうしましょう?
  • ダンボールは、どこに山積みにしますか?
  • ベッドは壁にぴったりつけちゃいますか?

などなど、たくさんの質問をしてくると思います。

 

指示出し

 

聞かれる度に迷ってしまっては、引っ越し業者さんにも申し訳ないですし、何より作業が円滑に進んでいきません。
わかりやすく的確に指示してあげましょう。

 

指示出しに失敗すると・・・

もしこの時に、あなたが適当に指示を出してしまうと、後で自分で家具の配置変えを行う必要が出てきて、結局、二度手間になってしまいます。

 

ただでさえ、やることがたくさんある新居で、余計な仕事を増やさないように気をつけましょう!
しかも、重たい家具の配置替えなどは、なかなか自分たちでできることではありません。

 

引越し当日を迎える前の段階で、配置図を作っておくと良いですね。
特に大きな家具・家電ほど慎重に配置を考えておく必要があると思います。

 

食器棚や冷蔵庫、本棚、ベッドなどは、自分たちで動かそうとすると、引きずって床を傷つけてしまう可能性が高いです。

 

そうならない為にも、事前に不動産屋から部屋の間取りのコピーなどを貰っておいて、シュミレーションしておくと良いと思います。

半額になる業者はこちら