お仏壇を移動する方法

仏壇引越し・処分の方法

  • ご先祖様を祀る為
  • 宗教に入っており毎日の勤行をあげる為

など、ご家庭にお仏壇があることは決して珍しいことではありません。

 

創価学会に入っている親戚の家には、本当に立派で大きなお仏壇があったことをよく覚えています。

 

お仏壇には小さな洋服ダンスより小さなものから、大きめの食器棚よりもさらに大きなサイズのものまで、形は様々です。

 

そのお仏壇を引越しのタイミングで移動したり、処分することになった場合、どのようにすれば良いのでしょうか?

 

仏壇の引越し方法

 

もちろん宗派によって、やるべきことは変わってきますが、ここでは一般的な方法を紹介したいと思います。

 

単にお仏壇を移動する場合

基本的には、引越し業者にお任せすることができます。
特別、有料のオプションなどは発生しないことが大半で、タンスなどと同じように運んでいってくれます。

 

ただし、一つ注意点があります。
それは、引越し業者の場合は「宗教的なしきたり」的なことは考えずに、他の家具と同じように「モノ」として運んでいきます。

 

ですから「しきたり」を気にするのであれば、引越し当日までに自分たちで行っておかなければなりません。

 

ただ、業者は仏壇を「モノ」として扱うとは言っても、行儀の良い作業員さんであれば、触れる前に手を合わせるなどの心遣いを見せてくれる場合はあります。

 

魂抜き・魂入れについて

それでは「宗教的なしきたり」というのは何でしょうか?
よく言われているのが、

  • 魂抜き(閉眼法要)
  • 魂入れ(開眼法要)

です。

旧居でお仏壇の魂を抜いて「モノ」にしてから運ぶ。
新居まで運び終わってたら、魂を入れる。

 

簡単に言えば、このようなことが必要になります。

 

魂抜き

 

魂抜きや魂入れには、お寺の住職さんにお願いする必要があります。
またお布施も数万円かかることを覚えておきましょう。

 

これらのことをやる必要があるのかどうかは、引越しされる方のご判断になります。
ご家族や親戚のおじいちゃん・おばあちゃんに聞けば、その家系で代々どのようにしてきたかおわかりになることでしょう。

 

処分する方法

「新居が狭いので今までのお仏壇を持っていくことができない。」
というようなことは、よく起こっています。

 

その場合、旧居でお仏壇を処分していくことになります。

 

その場合は、

  1. 自治体の資源ごみ回収を利用する
  2. 仏具店の処分サービスに申込み
  3. 仏壇処分専門業者に依頼
  4. 一般的な廃品回収業者

というような有料する必要があります。

 

引越し業者でも間違いなく無料では回収してくれないので、有料で廃棄してあげてください。
その際にも、お仏壇から「モノ」に戻してあげるという魂抜きの作法が存在しています。

 

作法を気にされない方は(1)の自治体、
気にする方は(2)と(3)の専門的な知識を持っている業者さんに依頼しましょう。

 

また、一般の廃品回収業者が受け付けてくれる場合もあります。

 

(4)一般的な廃品回収業者にお願いした方の口コミ

洋服タンスを区役所のリサイクル展に出そうと思いましたが、それだとこちらから運び込まなければならないとのことだったので廃品回収業者に頼みました。

 

そのときに仏壇も一緒にお願いしてみました。
以前、仏壇だけだと断られたことがあるのですが、今回は、タンスとベッドなども一緒だということでまとめて処分してくれました。

 

仏壇は檀家になっている寺の住職に頼んで魂抜きをしなくては業者も引き取らないと聞いていたのですが、普通の業者でも引き取ってくれました。

 

手続きを簡素にするニーズが高まってきているのかもしれません。

 

仏壇引越しのまとめ

基本的には、通常の引越し業者に家具などと同じようにお願いできます。
ただ、

  • 移動する前
  • 処分する前

に「魂抜き」という作法・しきたりが存在しているので、気にされる方は、別途、お寺への依頼が必要になります。

半額になる業者はこちら