ダンボールに梱包できないものは業者の担当分

引越し業者が梱包してくれるもの

業者にお願いして引越しをする場合、

  • ほとんどの方が荷造りと荷解きを自分で行い
  • 搬出→運送→搬入までを業者にお願いする

というプランを選択すると思います。
(参考:引越し方法の表

 

この場合、荷造りといっても、どこからどこまでを自分で行えば良いのでしょうか?

 

基本的に、荷造りを自分で行うプランの考え方は、

  • ダンボールに詰められる物が自分の担当分
  • ダンボールに詰められないものは、業者の担当分

という風に考えるとわかりやすいと思います。

 

なので、小物や本や雑誌、洋服などは、ダンボールに詰められるので自分で荷造りしないといけません。

 

自分で梱包する分

 

一方、テレビやパソコン、ベッド、本棚、机、いすなどの大きな家具や家電に関しては、中身を空にするのが私たちの担当分です。

 

そして、本体を梱包して、キレイに搬出、運送する仕事は引越し会社の担当分となります。

 

ダンボールに詰められるけど、業者に任すケース

上記では、ダンボールに詰められるものが、自分で梱包する担当分という説明をしました。

 

ですが、例外のモノもあります。
つまり、ダンボールに詰められるけど、その必要がないものです。

 

それは、ハンガーにかかっているシャツやスーツ、冬物のコートです。

 

基本的に衣類は、ダンボールに入れて梱包できますから、自分で梱包しなくてはなりませんが、引越し業者によっては「ハンガーケース」というものがあります。

 

それを使うと、ハンガーにかかっている衣類をダンボールに梱包せずとも、そのままハンガーにかけて運べてしまいます。

 

なので、ハンガーにかかっている衣類は、引越し当日に「これをお願いします」と言うだけで良いのです。

 

ハンガーにかける衣類というのは、そもそもかさばるからハンガーにかけているわけで、それらのかさばる衣類をダンボールに梱包しなくて良いというサービスは荷造りを相当に楽にしてくれます。

 

シワになりやすいシャツやニット、厚手でかさばりやすいダウンジャケットを、折りたたまなくて良いというのは非常に便利なことだと思います。

半額になる業者はこちら