荷造りのコツは梱包する順番を考えること

荷造りの順番

荷作りを開始する時点では、

  • その後も何日か
  • もしくは何週間か

旧居で暮らす必要があると思います。

 

ですから、まずは普段まったく使わないものから梱包していくのが基本となります。
例えば、本棚に並んでいるだけの本やCD、ビデオテープ、オフシーズンの洋服などです。

 

荷造りのコツ

 

そして、荷造りと並行して、

  • 捨てられるもの
  • 売れるもの

はドンドンと処分していきましょう!

 

ファーストステップ

荷造り、梱包に取り掛かる前に、、、

 

まず捨てましょう!

どこの家にも、不要な本や雑誌、小物などの溜まり場があるはずです。
また、家中、見渡して、確実に捨てる物を発見し、分別してごみ袋に詰めて生きます。

 

そして、売りましょう!

家中のゴミを探していると、「これは不要品だけど、捨てるのはもったいない」というものが必ず出てきます。
捨てられないのでしたら、売ってしまいましょう。

 

捨てるもの・売るものを、最初に考えておくだけで家の中がスッキリし荷造りを円滑に進めていくことができます。

 

セカンドステップ

引越し業者から、荷造りに必要なもの(ダンボール・ガムテープ等)をもらうことができたら、もしくは自分でダンボール等を集めてきたら、さっそく荷造りを開始しましょう。

 

この時、最初に行うことは、普段、まったく使っていない物の目星をつけること。
例えば、本棚、CD、季節外れの服、食器などが、あげられると思います。

 

そして、とにかく最初は難しく考えずに行動を開始することが大切です。
なぜなら、荷造りは面倒なので、なかなか行動に移せない方が多いからです。

 

しかし、人間は一度行動を開始したものは、徹底的に行いたくなるようにできています。
さっそく荷造りを開始しましょう!

 

サードステップ

荷造りを開始できましたでしょうか?

 

ダンボールに梱包しつつも、

  • これは捨てられないだろうか?
  • 売れないだろうか?

と考えることは、とても大切なことです。
荷物を少なくすることは、引越し全体を楽にする秘訣のようなものですから!

 

さて、不要なゴミ、普段、使わない物の梱包が終わると、ゴミはたくさん出たと思いますが、かなりスッキリしたと思います。

 

また、卒業アルバム、写真、結婚式に参加してもらった引き出物の品など、自分の頭になかったモノもたくさん出てきたと思います。

 

それらの物を「捨てる、売る、あげる」と判断していくことが、荷造りですので頑張って行っていきましょう。

 

現段階で残ったものは、現在、使っているものばかりだと思いますので、残りは引越し日まで1週間を切ったあたりから徐々に梱包していくのが良いと思います。

 

また、貴重品などはダンボールに梱包しないので、当日、手荷物として持っていく入れ物(バッグ、スーツケース)を用意し、そこにまとめて置くと管理がしやすくなります。

 

ここまでが基本的な荷造りの順番となります。
あとは、ケースバイケースで注意点を見ていきましょう!

半額になる業者はこちら