当日に必要となるモノ

引越しトラックに積まない物(貴重品等)

引越の当日、業者が積荷を終わって出発した後、私たちは業者のトラックに同乗することはできません。

 

ですから、電車や車、バス等の他の移動手段を使って、新居へと向こうことになります。

 

その時に必要な現金、定期券、引越し先の地図、関連するメモ等は、当日の手持ち品として分けておくことになります。

 

貴重品は、手荷物バッグか、それ以外の移動手段を考える

現金、通帳、印鑑、キャッシュカード、クレジットカードなどの、盗まれると困るような貴重品は梱包してダンボールに詰めてはいけません。

 

もし、事故や盗難に遭った場合でも、引越し業者の補償対象外となりますので自己責任となってしまいます。

 

手で運べない貴重品は?

また上記以外の忘れやすい貴重品としては、小切手、株などの有価証券、高価な絵画、壺などの骨董品です。

 

貴重品という感覚を忘れて梱包してしまわないようにしましょう!

 

上記のような貴重品の運び方に関してですが、手で持っていける貴重品は手荷物バッグに入れて大切に持っていくことも考えられます。

 

ですが、持ち運びができないような貴重品は、運送会社等の「貴重品運送」を利用することができます。

 

掃除道具も少し残しておきましょう

もうひとつ、トラックに積まないものが掃除道具です。
荷物が全て運び出された後は、かなりのごみがパラパラ落ちているものです。

 

また冷蔵庫や洗濯機の下など、荷造り時に掃除ができなかったところは、かなり悲惨な状況になっています。
念入りにやる時間はないでしょうから簡単に掃除をしていきましょう!

 

もしくは、少し気の効く業者のスタッフさんは、掃除機をトラックに積み込むのを一番最後にしてくれたりします。

 

掃除機

 

なので、業者さんが荷物を搬出している間に少し邪魔にはなりますが、空いたスペースから掃除機をかけちゃいましょう!

 

こちらから「掃除機は最後の方にしてください!」とお願いしておくのも良いですね。

 

最後の掃除は、この家、部屋との最後の別れとなりますから、感謝の気持ちが湧いてくることでしょう。
また、掃除で敷金の返還される金額が多くなることは良くあると聞きます。

 

手荷物バッグや掃除道具は、引越し業者の方に、トラックに積み込まれてしまわないように当日はしっかり管理しておきましょうね。

半額になる業者はこちら