どうしても荷解き・片付けが進まない方へ

片付けない自分にプレッシャー

どうしても、何をやっても、引越し後の荷解き・片付けが進まない!

 

という方でも『やむなし』と自分自身に思わせて、片付けを進めることができる方法をご紹介します。

 

新居での快適な新生活の為に!

 

新居に人を招待して、期限を作り出す!

明日、もしくは明後日、新居に人がやってくるとしたら、どうでしょうか?
さすがに面倒くさがりの方でも、荷解きや片付けにやる気が起きるのではないでしょうか?

 

これは、荷造りの時の「引越し日」と同じようなことで、荷解きにも期限を作り出してしまうことがポイントとなります。

 

さらには、新居に招待する人が、友人や恋人、自分の両親など、言い訳ができるような人ではなく、相手の両親、相手の友人、会社の上司、先輩、自分のお世話になっている人。
という人の方が、さらに効果は倍増します。

 

おそらく、荷造り並みのプレッシャーで、荷解きと片付けが進んでいくことでしょう!

 

逆に外出する予定を作る!

これまでの荷解きの作業を進ませる発想とは逆にして、今度は外出していなくなってしまう予定を作ります。

 

しかも、旅行やバーベキューなど、少し大がかりで、ものすごく楽しい予定の方が効果があります。

 

楽しい予定が入った。
「予定から帰ってきて、この散らかりよう、荷物が片付いていないのは嫌だな」
と思わせるのが狙いです。

 

これは「人間が苦痛を回避するためには、行動を起こす」という特性を利用したものです。
「えっ!?片付けないまま、予定に出かけしまいましたか・・・」

 

そういう場合は「片付けよう!」という気持ちが自分自身の中に起こるまで、そのままで生活していきましょう!
特にそれほど困るわけでもないのでしょうし、それも一つの「やむなし」だと思います。

 

ゴミの日を目標に!

もう少し現実的な期限を目標にするなら「ゴミの日」が良いと思います。

 

おそらく、引越し直後は、新たに出たゴミとダンボールで玄関あたりは大混雑することになると思います。

 

燃えるゴミは一週間に何度かあると思いますが、特に資源ゴミとなると週一しか回収日がないこともあります。

 

その日を目指して部屋の整理を進めていけば、新居で良いスタートを切ることができると思います!

半額になる業者はこちら