住居探しの時の内覧は重要です!

新居探しに内覧は必須です!

引越し先での住居探しは重要な作業です。
この先の生活に大きな影響がでますから、可能であれば内覧するべきでしょう。

 

遠方への引越しですとわざわざ出向くことになり、旅費交通費の負担も大きくなります。
ただその旅費を支払ってでも内覧することをお勧めします。

 

内覧は絶対にすべきです

 

私の場合単身であったこと、内示から移動までの時間が極端に短くて(ひどい時には中一日)、ほぼ毎回の引越し時、荷物の搬出後に現地に赴きホテル住まいをしながら物件探しという行程でした。

 

ただ家族単位での引越しであればそうもいきませんよね。
引っ越す前の早い時期に、新居は決めておきたいものです。

 

どうやって探そうか?

土地勘の無い場所・イメージできない場所での住居探しは特に大変です。

  • コンビニで売っている賃貸情報雑誌を見るのか?
  • 知り合いや会社の伝で、不動産業者を紹介してもらうのか?

 

いずれにせよ、不動産業者のHP上で「最寄り駅・間取り・家賃・設備・駐車場・・・」など詳細な条件で検索できるようになったことは便利ですが、実際に見てみないと不安でとても契約できません。

 

筆者はある時多忙にかまけて内覧をせずに契約したことがあります。

 

内覧を怠り危うくトラブルに・・・

あるマンションを契約したときに、業者の表示する主だった条件は「まあ最低限住んでもいいかな」という内容でした。

 

ですが荷物の搬入時に初めて現地に行くと、

  • マンションの8階だったのですが、隣が占いの店で雰囲気が気持ち悪い
  • 頻繁に人の出入りがある
  • 飼っているネコがベランダを通じて、我が家に入り込んでくる
  • 南向きを謳っていましたが、目の前にマンションがあり日当りは最悪

 

これらは間取り図などには表記されていませんので、実際に内覧をしないとわからないことだったのです!

 

目で見てわかる固有の事情

実際に目でみないとわからないことは他にもあります。

  • 近隣にスーパーや学校があるのか?
  • 小さい子供が居れば、病院があるのか?
  • 通学路は危険でないのか?
  • 同じマンションに変な人が住んでいないか?

 

笑い話ですが、福岡で借りていたマンションに反社会勢力が住んでいたことがありました。
居住してまもなく抗争が始まり、マンション前にはパトカーが張り付きで、逆にちょっと安心したことがあります。

 

でもできれば避けたいですよね。

 

逆に東京の木場公園の前という良いロケーションに住んだことがありますが、警察署と消防署がとても近く出動のたびにサイレン音で目覚めたことがあります。
派出所位がベストでしょうか?

 

他にも大通りに面していて騒音が煩かったり、大型車が通るとマンションが揺れたり。
1Fに焼肉屋がある物件で、便利だなと思ったら内覧時にゴキブリが出てきたこともあります。

 

近くにガラの悪い高校があり、マンションの1Fのコンビニがたまり場になっていたこともあります。

 

内覧で全てがわかるわけではないですが、引越しの経験を積む度に内覧の経験値も上がって「住んでから後悔しがちなこと」は防げるようにはなると思います!

半額になる業者はこちら