引越し前に必要な諸手続き

諸手続きを開始する 記事一覧

管理人に退居を知らせる(1ヶ月前)

引越業者が決まり、日にちも具体的に決まると、次は大量の荷造り作業が待っています。ですが、その前に現在、住んでいるマンション、アパートの不動産管理会社や管理人さんに退去することを通知することから始めましょう!不動産会社との賃貸契約書には「1ヶ月前までに」とか「30日前までに」退去することを通知する。と...

続きを読む

新電話番号の取得

引越し先の新住所が決まった時点で、NTTの116に連絡して新居での新しい電話番号を取得する話を進めましょう。もしかしたら、固定電話は設置しない番号は変わらないという場合もあるとは思いますが、そうでない方は早めにNTTに連絡しておきましょう。新しく電話回線を引く場合は、1週間から10日間ほどの期間が必...

続きを読む

電話料金を年間1万円以上安くする方法(ひかり電話)

フレッツ光に加入している方が、引越しで新電話番号を取得するためにNTTの116にかけたとしたら、もしかしたら「ひかり電話」への加入を勧められるかもしれません。「ひかり電話」というのはIPフォンのことで、インターネット接続サービスのフレッツ光に加入している方のみが利用することができるNTTの新サービス...

続きを読む

光熱関係の閉栓の連絡

引越しをする前に必要なことの中に、電気・ガス・水道などの公共サービスを止めるということもあります。これらも各社のホームページや電話で連絡することができます。お客様番号などの情報が必要な場合がありますので、毎月の領収書があると連絡がスムーズに進みます。ちなみに、引っ越してしまえば使わないのだから遅くな...

続きを読む

転出届(転出証明書、国保)などの手続き

引越し作業を進めながらも、少なくとも1度は現在お住まいの役所に行き「転出届け」を提出しなくてはなりません。これはお役所の出張所でもOKです。記入する際には、新居の住所、電話番号などの情報が必要となりますので、忘れずに新居の情報をメモしたものも持っていきましょう。また、印鑑も必要となります。提出すると...

続きを読む

郵便物の転送やその他の手続き

毎日のように請求書やハガキ、広告などがポストに届くと思いますが、引越し前にそれらのすべての登録住所を変更するのは、ほとんど不可能と言ってよいと思います。どんなにチェックしたとしても、必ずチェック漏れが出てきます。そんな時に役に立つのが郵便物の転送サービスです。パソコンだけでなくスマートフォンからでも...

続きを読む

光熱関係の開栓の手続き

旧居での光熱関係の閉栓も大切ですが、新居の電気、ガス、水道の開栓も大変重要です。何しろ電気や水道は、新しい住居に引っ越した瞬間から、すぐに使用するものですからね。新規契約ではなく、移転の場合は、新住所が決まって引越しの期日が近づいたら、忘れずに手続きを済ませておきましょう。手続き方法は、引越し先の電...

続きを読む

挨拶回り

引っ越す前は忙しくて、挨拶回りなんてなかなかする暇がないですよね。新居から葉書を送っておけばいいかな?なんて、ついつい面倒に思って手抜きをしてしまいがちです。私もそう思っていたのですが、どうしても直接お別れとお礼が言いたい人には、暇を見つけては、お菓子持参で何軒か訪ねたりしたわけです。思い出話や、お...

続きを読む