電気、ガス、水道を止める連絡もお早めに!

光熱関係の閉栓の連絡

引越しをする前に必要なことの中に、電気・ガス・水道などの公共サービスを止めるということもあります。

 

これらも各社のホームページや電話で連絡することができます。
お客様番号などの情報が必要な場合がありますので、毎月の領収書があると連絡がスムーズに進みます。

 

ちなみに、

  • 引っ越してしまえば使わないのだから遅くなっても問題ない
  • 早く止められてしまっては困るから後からにしよう

なんていう考えはよくないと思います。
やはりこれも早めにやっておくに越したことはないのです。

 

管理人さんが部屋に入って電気を使ってしまい、その分の請求が来ることも考えられます。
それに自分が損をするだけでなく、いろいろなところに迷惑をかけてしまいますからね。

 

精算方法を確認

それから、閉栓の連絡時に確かめておきたいことがあります。
それは、最後の精算方法です。

 

自動引き落としだからと安心していても、最後の支払い方法だけ違うという場合もありますので注意が必要です。

 

たまに、閉栓に立会い、その場で現金精算という場合もあるくらいです。

 

直接支払い

 

ガスの閉栓は立会いが必要

ガス局に閉栓の連絡をすると「閉栓時には立会いが必要です」と言われるかもしれません。

 

その場合は、引越し日当日に引越し業者が来て作業してくれる時間に合わせて、ガス屋さんにも来てもらえるように時間を調整しましょう。
それが一番時間のロスが少ないです。

 

気をつけなければいけないのは、閉栓の確認が遅れてしまうことです。
家主であるあなたが旧居に居残ることで、業者が新居に入れず待たしてしまったり、荷物の搬入が遅れてしまうことがあります。

 

引越し業者も後にもう1件仕事があったりして非常にタイトな時間割になっています。
おそらく多大な迷惑をかけ、良い顔はしてもらえないでしょう。

 

ガス会社の確認は、引越し業者が旧居で作業をしている間に済ますというのが鉄則です。

 

ちなみに、ガスの場合は「開栓」にも立会いが必要になってきます。
こちらも同じく、新居で引越し業者が作業している時に来てもらえるよう調整しましょう!

半額になる業者はこちら