役所で転出届を提出

転出届(転出証明書、国保)などの手続き

引越し作業を進めながらも、少なくとも1度は現在お住まいの役所に行き「転出届け」を提出しなくてはなりません。

 

これはお役所の出張所でもOKです。

 

記入する際には、新居の住所、電話番号などの情報が必要となりますので、忘れずに新居の情報をメモしたものも持っていきましょう。
また、印鑑も必要となります。

 

転出届

 

提出すると、担当の方が役所のコンピュータのデータベースを利用して、引っ越す方に必要な諸手続きを弾き出してくれます。

 

委任状について

仕事や家庭の事情で、どうしても本人が役所に行く事ができない場合、委任状があれば第三者に任せることができます。

 

委任状の書き方については、各お役所のホームページで「住民異動届委任状」の情報が書かれているページを見つけてください。

 

そこに「申請書のひながた(見本)」がありますので、そちらを参考にしましょう。
状況によって手続きが異なりますので、以下は必要な項目だけチェックしてみてください。

 

転出証明書

転出証明書は、引越しをする方が全員必要な書類で、上記の「転出届け」を提出するともらうことができます。

 

そして、引越し後14日以内に、新居の役所へこの書類を提出する必要がありますので、絶対に無くしてはいけません。

 

無くすと、再発行等で面倒な手続きが増えることになります。

 

国民健康保険証の返還

会社員の方には必要ない手続きですが、自営業者やフリーランスの方で、国保に加入している方は、この日を持って国民健康保険証を返還することになり、転出年月日をもって、旧居での資格がなくなります。

 

次にもらえるのは、新居の役所で転出証明書を提出した時です。

 

ちなみに、国民年金保険は、旧居の役所で行うことは何もありません。
新居の役所で手続きを行うのみです。

 

印鑑登録

印鑑登録も必要な方のみです。
旧居での印鑑登録は廃止されるので、新居の役所で、印鑑登録をし直す必要があります。

 

その他、医療保険、介護保険、児童手当などに加入している方は、それぞれに手続きが必要となります。

半額になる業者はこちら