引越当日から新居で使用する電気・ガス・水道

光熱関係の開栓の手続き

旧居での光熱関係の閉栓も大切ですが、新居の電気、ガス、水道の開栓も大変重要です。
何しろ電気や水道は、新しい住居に引っ越した瞬間から、すぐに使用するものですからね。

 

電気やガス、水道の開栓

 

新規契約ではなく、移転の場合は、新住所が決まって引越しの期日が近づいたら、忘れずに手続きを済ませておきましょう。

 

手続き方法は、引越し先の

  • 電力会社
  • ガス会社
  • 水道局

に使用開始日と新住所、氏名を知らせれば完了します。

 

新規ではなく移転の場合、毎月の明細書等に書かれているお客様番号があると、よりスムーズに手続きができます。

 

ガスの場合は、閉栓時と同じように開栓時にも立会いが必要となる場合があります。

 

つまり引越し当日は、旧居で閉栓の立会い、新居で開栓の立会いと、1日に2回もガス屋さんのお世話になるわけですね。

 

新規に契約する場合

新規に契約する場合は、特に事前に連絡しておく必要もなく、引越し当日に、電気、ガス、水道局に電話連絡をすれば、直後から使用することが可能になります。

 

マンションやアパートの場合は、おそらくその部屋の管理マニュアルを、大家さんや管理人さん、不動産屋さんからもらうことができるはずです。

 

管理マニュアルには、電気、ガス、水道の開通の仕方が、載っていると思いますから、そのマニュアルをもらってからでも遅くはありません。

 

あと、マンションやアパートのポストには、光熱関係のハガキや封筒がわんさかと入っています。

 

私が住んでいるマンションでも、住人が退去して数日経つと、必ず玄関のドアのポストにクリアケースが入れられています。
クリアケースの中に高熱関係の資料が一式、揃っているというわけです。

 

それらを見ても開栓の手続きをすることができます。
心配な方は、事前に管理者の方に、そういったマニュアルをもらえるかどうか確認しておきましょう。

 

もしもらえない場合は、旧居にいる間に、インターネットや電話帳で、電気会社、ガス会社、水道局の電話番号を調べてメモしておきましょう!

半額になる業者はこちら